社長のプロフィールと理念

トータルリサーチの社長である諸崎浩幸氏は九州出身で、青山学院大学を卒業し、現在は世田谷区に在住しています。氏は26歳の時に、損害保険総合調査事務所を立ち上げ、これが現在のトータルリサーチの前身となり母体となっております。

トータルリサーチは主に損害保険や生命保険に関する調査、特に保険加入者による偽装盗難や事故と保険加入の期間を誤魔化すことによって利益を得ようとするアフターロスといった、いわゆる保険金詐欺の調査などを行っています。そんな事業の裏には、社長である諸崎浩幸氏の確固たる理念が存在しています。

社長が目指している社会像は嘘やいつわりがない社会であり、それを形成することが目標の一つであるがゆえにこのような事業を展開しているのです。
本来困った人を助けるためのシステムである保険を、悪用して利益を得ようとするなどあってはならない、そんな強い正義感はたとえば、調査費用は最低単価をベースに請け負っており、依頼者に対して経費などを含めた料金の情報を明示するという事業の姿勢にも現れているともいえます。
誰もが保険金トラブルに巻き込まれやすい時代、諸崎浩幸社長のような実力のある存在は現代日本の社会全体にとって非常に貴重であると言えるでしょう。

堅実で迅速な調査と対応

諸崎浩幸氏が率いるトータルリサーチは損害保険を主とした堅実さと信頼を大切にした民間の調査会社です。原因調査や実態調査といった自動車保険に関する調査全般、特に飲酒や偽装盗難、自殺疑義といったモラル・リスク調査を主軸において、多種多様な調査を行っています。

例えば、自動車事故に関しては事故を起こした人間の証言に保険会社が疑問を抱いた際に調査をし、本人や警察だけでなく医療機関にも調査を行います。医療機関ではどのような処置がほどこされたか、回復の具合はどうなっていたのかについての調査を行います。こういったところで、保険加入者は受け取る金額を水増ししようとすることがあるので、調査会社が活躍するのです。事故の当事者にとっては、相手が言っていることは本当なのか、嘘や誇張は本当にないだろうかが調査によって明らかになりますし、保険会社にとっては自分たちの事業を展開するにあたって知りたい必要な情報をより詳細に第三者的な観点から正確に得ることができます。

このように、調査会社か介入することで事故に関する保険のやり取りがより正しく、きちんとした尺度で行われるようになり、保険会社にとっても事故の当事者にとってもある種必要不可欠な会社ともいえるでしょう。保険金詐欺は保険会社にとって大きな損失となるため、トータルリサーチは社会的に大きな役割を果たしていると言えます。これこそ、諸崎浩幸氏が目指している社会像形成を具現化したものであると言えましょう。

調査は堅実さとスピーディーさを心がけており、依頼者である査定担当者への中間報告やレポートに至るまで、迅速な対応をとれるようにしています。調査料金は調査業務全般に関する稼働時間を加味しながらも、基本的に事案別の基本調査料金を設定しており、訴訟といった厳しい法的やり取りによって調査が長期化しなければ最低単価である基本単価としている点が非常に良心的です。
保険の多様化が進む中で増えてくるであろう保険金詐欺、その脅威から真摯に守ってくれるのがトータルリサーチなのです。

もしもの時が悪い方向に利用される前に

多様化するもしもの時の為の頼みの綱である保険プランですが、それらを悪用したり、被害状況を偽装したりという保険金詐欺の影響は事故の当事者の我々にも降りかかります。また、そのような悪事をきちんと調査し解明して、かつ抑止力として防いでくれる組織が存在しないと、誰もが保険に入れるであろう現代社会は成立せず、保険金詐欺によって多大な損害を受ける保険会社が後を絶たなくなり社会は崩壊してしまいます。


交通事故

普段月々に何気なく払っている保険料ですが、保険というのは我々の身体に関わる身近であるべき存在です。そんな保険を保険金詐欺などの悪事から守ろうというのが代表取締役社長に諸崎浩幸氏を置くトータルリサーチなのだと考えると、現代社会の縁の下の力持ちといった存在ともいえるでしょう。
諸崎浩幸氏は事業についての料金に関してだけでなくトータルリサーチの社員一丸となって環境への配慮へ取り組む姿勢を明示しており、公的なサイトで法令遵守や個人情報についてに加えて環境保全に関して宣言することで、自社が大切にしている信用を勝ち取ろうとしています。

また、諸崎浩幸氏は拡大する情報社会に関しても現代人に不可欠な考え方を提唱しています。それは、情報を得る手段が多様で簡単になったからこそ、その情報を吟味し正しい理解をしなければいけないということです。これは調査会社を運営する社長の考えることであり、その重要さは考えさせるものがあります。そして、こういった警鐘を鳴らす行為そのものに、正義感に裏打ちされた徹底調査によって正しい情報を見極める重要性を熟知している様子がうかがえます。
万が一の時の命綱として我々を守ってくれる存在である保険を守る、トータルリサーチはそんな重要な会社なのです。

会社概要

商号
株式会社トータルリサーチ(公式サイトへ)
代表取締役
諸崎浩幸
設立
平成9年4月
所在地
東京都目黒区柿の木坂3-3-1
事業内容
損害保険・生命保険等に関する事件、事故調査並びに査定
 交通事故の原因解明並びに研究の受託信用調査