例えるなら止まったら死んでしまう黒潮のマグロ

石川康晴さんは急成長中のアパレル会社ストライプインターナショナルの社長で、2016年10月にはテレビ番組「カンブリア宮殿」にも取り上げられた、注目の若手社長です。石川康晴社長は1970年に岡山県で産まれました。日本舞踊の師範でもあった祖母がおり、色鮮やかな着物に囲まれて育ったからか、自分のお年玉やお小遣いはすべて洋服につぎ込むほど、服が大好きな子どもとして育ったのです。中学校2年生の時、好きな洋服屋のスタッフから「そんなに好きなら自分で洋服の会社を作ればいい」と言われ、石川康晴社長は自分の道を確信します。

若くして自分の進む道を決めた石川康晴社長は、アパレルと経営について学んだ後、大手紳士服メーカーに就職し300万円の開業資金を溜めました。1994年に300万円の資金を元手に地元岡山で始めたのは、わずか4坪のセレクトショップです。このお店は、国内のメーカーからは相手にしてもらえずに商品の仕入れができず、開業当初から危機に陥ります。

しかし、ピンチはチャンスと考えた石川社長は、日本国内から仕入れができないのならば欧米から仕入れれば良いと、海外からの仕入れに取り組みます。この取り組みは大当たりし、他のアパレルショップとの差別化にも成功を果たし、最初の危機を乗り越え、事業を拡大していくことになります。

「止まったら死んでしまう黒潮のマグロ」と自身を表現する石川康晴社長は、事業の展開は元より自分への投資も忘れません。お店を始めてから10年以上も経ち、海外展開までしている会社を経営しながらも、2008年には岡山大学経済学部で、経済学を改めて学びました。こうして、4坪のセレクトショップから始まった会社を大企業へと成長させたのです。さらに、事業拡大のため現在も勉強を続けており、MBA取得を目指して京都大学大学院に通っています。

新しい領域に挑戦し続ける会社

石川康晴社長が率いる株式会社ストライプインターナショナルの主力ブランドである「earth music&ecology」については、女優の宮﨑あおいさんが出演するテレビCMで注目を浴びており、たくさんの方が目にしたことがあるのではないでしょうか。

株式会社ストライプインターナショナルは4坪のセレクトショップから始まった会社ですが、創業時の事業でもあるアパレルを軸に幅広く事業展開を行い、創業から20年ほどでグループ年商1,100億円、従業員数3,000名を超え、台湾や中国にも現地法人を有する大企業へと成長しました。

2016年現在では、アパレルブランドとして主力の「earth music&ecology」の他、「KOE」や「Green Parks」など10以上のブランドを展開するほか、アパレル以外にもアイスクリームを販売する「BLOCK」やギフトブランドの「Maison de FLEUR」、ファッションレンタルアプリ「mechakari」といった事業を展開しています。

幅広い事業を展開する背景には、自分の夢のために挑戦者であることを求める同社の企業風土があります。制度としても、石川社長へ直接プレゼンテーションできる「石川直行便」や「新規事業提案制度」といったユニークな制度が用意されており、実際に「Re:Bonne」というアンダーウェアのブランドがこの制度を通じて事業化されました。

また、社名である「ストライプ」は「自由」や「革新」を象徴しています。株式会社ストライプインターナショナルは、石川社長の人生を映すかのように、社名のとおりに自由に新しい領域の事業に挑戦し、多様性に富んだグローバルな企業を目指しているのです。

事業拡大も地域貢献も

事業拡大

アパレルを軸にしながら成長を続けてきた株式会社ストライプインターナショナルは、更なる成長を目指し、積極的な事業展開を行っています。2016年10月には、北海道・東北地方を中心に事業を展開する中堅アパレル会社、株式会社アルファベットパステルの株式を取得し、グループ会社としました。

ヤング層を中心顧客とするストライプインターナショナルは、35歳から45歳の女性客層を主要顧客とするアルファベットパステル社をグループに加えることで、さらなる国内市場の拡大が見込めます。海外においても、パートナーシップの拡大により積極的な展開を行っています。2016年10月にはフランスのライフスタイルカンパニーであるキツネ・クリエイティブへの出資を行いました。フランスやアメリカなど世界400か所以上に販売拠点をもつため、ヨーロッパでの事業展開の足がかりとなることが期待されます。

また、事業面での成長のみでなく、石川康晴社長が生まれ育った岡山市への地域貢献にも積極的です。岡山市には現在も株式会社ストライプインターナショナルが本社を置く他、社長の名前を冠した石川文化振興財団を設立し、オカヤマアワードとして若い人材の成長を顕彰しています。さらに、岡山芸術交流2016においては石川社長自らが総合プロデューサーとして芸術を通じた国境や文化を越えた交流に取り組む等、今後20年で岡山が世界に向けた発進力を持つ都市へと成長していくことを目指して、様々な取り組みを行っています

会社概要

商号
株式会社ストライプインターナショナル(公式サイトへ)
所在地
岡山県岡山市北区幸町2-8
代表取締役社長
石川 康晴
設立
1995年2月